笠岡諸島、倉敷市玉島、高梁市成羽町でアーティストが短期滞在制作(AIR)を行い地域の魅力を発信します

To conduct Artists in Residence in Kasaoka Islands, Tamashima of the City of Kurashiki, and

Nariwa of the City of Takahashi to appeal the fascination of the areas.

「備中アートブリッジ―地域を紡ぐ―」は、笠岡市笠岡諸島、倉敷市玉島地区、高梁市成羽町地区の3つのエリアに国内外のアーティストを招いて滞在制作(アーティスト・イン・レジデンス=AIR)を行い、「地域と人」、「人と人」をアートでつなぐアートプロジェクトです。

岡山県西部の備中地域は、瀬戸内海沿岸から中国山地まで、高梁川の流域に広がる変化に富んだ自然美あふれる地域です。古くから鉄の産地であり、全国有数の巨大古墳や山城が築かれた古代より、開発の進んだ先進地帯としての風土は現在まで受け継がれ、各地に豊かな文化が育まれてきました。

今年、備中地域に多数のアーティストが滞在し、地域の文化、自然、歴史、人との関わりの中で作品を制作します。地域に目を向け、地域から得たものをもとに創作活動を行うAIRは、たとえば繊維をよじって新しい糸を紡ぐように、地域に根ざす価値を掘り起こし、新たな価値として創造する“地域を紡ぐ”営みといえるでしょう。それは、今回AIRを行うそれぞれの地域で、昔より綿花の栽培や繊維産業で栄えてきた備中地域の歴史をふまえ、綿や繊維を取り入れた滞在制作が行われることとも重なり結びつきます。

魅力のある3つの地域、笠岡諸島、倉敷市玉島、高梁市成羽町を、この「備中アートブリッジ」をきっかけに巡っていただき、地域の風土や文化の魅力を感じてみませんか。

The “Bicchu Art Bridge” is a project to invite artists from inside and outside Japan for Artists in Residence (AIR) to the three Bicchu areas, the western part of Okayama Prefecture, including Kasaoka Islands in the City of Kasaoka, Tamashima Area of the City of Kurashiki and Nariwa Area of Takahashi City. It is designed to connect local people and communities through art. Bicchu area lies along the basin of the Takahashi River which runs from Chugoku Mountains to Seto Inland Sea and its beautiful nature presents itself in diverse ways along the river. Since ancient times it produced iron and developed industries which in turn spawned rich cultures in different regions in this general area. This year many artists will stay in these areas and create works through connecting and interacting with culture, nature, history and people of each respective area. The project will focus on what a local area can offer and creation takes place by leveraging what they learned from experiences in the specific local area. We can draw an analogy to textile for AIR. You twist different filaments together to make a yarn and consequently a textile. AIR explores latent values that are imbedded in a local area and weave the local beauty into new values. Based on the history of these areas which thrived through cotton production and textile industry, creative works will incorporate cotton and textile as their ingredients. I hope this “Bicchu Art Bridge” will attract you to these areas that are full of charms and you feel in person the local natural and historical cultures.


【会期】2015年7月から11月 【開催地】笠岡市、倉敷市、高梁市

【主催】岡山県、アート・ブリッジおかやま実行委員会、グリーンファブラボ玉島β、遊美工房、たまログ実行委員会、
 
   NPO法人ハートアートリンク、アートオキュパプロジェクト2015実行委員会

【共催】倉敷市、倉敷市教育委員会、笠岡市、笠岡市教育委員会、高梁市、高梁市教育委員会、アートプロジェクトおかやま連携会議

【後援】山陽新聞社、朝日新聞岡山総局、毎日新聞岡山支局、読売新聞岡山支局、NHK岡山放送局、RSK山陽放送、KSB瀬戸内海放送、OHK岡山放送、RNC西日本放送、

    TSCテレビせとうち、エフエム岡山、FMくらしき、倉敷ケーブルテレビ、玉島テレビ放送、笠岡放送、吉備ケーブルテレビ

【協力】倉敷芸術科学大学、白石公民館、北木島AIR実行委員会、六島まちづくり協議会、株式会社ジャパンブルー ほか 

【助成】(公財)福武教育文化振興財団、エネルギア文化・スポーツ財団、(公財)アサヒグループ芸術文化財団、ポーランド広報文化センター(INSTYTUT POLSKI)

 

アート・ブリッジおかやま実行委員会  実行委員長:大月ヒロ子

事務局:岡山県環境文化部文化振興課内 〒700-8570 岡山市北区内山下2-4-6  TEL:086-226-7903   bunkasin@pref.okayama.lg.jp   

 

 

事業は終了しました。

記録集を作成しましたのでご覧ください。